スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国BASARA3プレイ日記。(徳川家康編)

2010年10月21日 18:57


※ネタバレ&一部批判含みます、嫌な方はご注意下さい。












やっとこさ手をつけましたよ、家康。

本当はもっと早い段階で手をつけるはずだったんですけど…

官兵衛にすっかり心を奪われてしまってたのでね(笑)


でも家康も官兵衛に負けず劣らずのガチムチっぷりが素晴らしいです。

首も腕もぶっとくてイイ!髪型も超好み!


あと、第二衣装が…露出度高まってます!ぐぁぁ!

第一衣装の中の鎧をつけてないような形になってるので胸板のあたりも見える感じになり、それがまたごっつくてもうたーまーんーなーいー!

しばらくゲーム進行忘れてずーーーっとにやにやしつつ眺めてました。変態でごめんなさい。


ああもし官兵衛の第二衣装が露出度高かったら…どうしよう…

上半身裸のワイルドな感じだったらハァハァ…それこそ炭坑の作業員スタイルって感じのハァハァ…

その場にいたらもれなく抱きつくね!手枷で自由利かないのをいいことに抱きついて触りまくってやる。

うわぁぁぁぁぁぁ妄想がとまんねぇぇぇぇ!!!

ごめんなさいほんとキモくてごめんなさい。




てか、今回家康の話でしたよね。また脱線だよ…。

まず赤ルートなんですが、いつもの如くまたラストで号泣しました。私が。

家康が、三成倒した後その場に座り込んで三成と対立する前の思い出を反芻しながら声を上げて泣く、ってシーンがやばいです。

本当はこんな結末望んでいなかったのに、こうするしかできなかった自分が悔しいんだろうな、悲しいんだろうなとか色々考えてたら家康が乗り移ってきました(笑)。

家康も三成も、最後切ないなぁ…。


家康って、「自分が我慢すればそれでいい」みたいな所があるんじゃないかって感じました。

本当はもっと色んなこと言いたいしやりたいんだけど、周りの人のことや自分の立場を考えると…っていう。

さわやかな好青年みたいなイメージがありますけど、本質はそれだけじゃないんだろうなぁ。



青ルートは幸村との対決でした。

こっちは一転してさわやかでした、最後仲良くなるってわけではなかったですけど。

家康は仲良くしたいんだけど幸村がそれを良しとしないって感じでした。

筆頭と幸村はよきライバルですけど、家康と幸村はどういう関係になるんでしょうね?



緑ルートではアニキのところに向かい、一緒に筆頭と対決するという流れでした。

このルートでは、家康に会う前からアニキの誤解が解けている状態だったのですごく平和でしたね。

なのでこのルートはアニキの緑ルートの後にやるといいかも知れませんね。

てか家康とアニキって仲良すぎですよね(笑)。

こういう純粋な友達関係って、他にはないかも知れないですね。

あ、でも官兵衛と北条のおじいちゃんも超仲良かったですね(笑)




ここからは家康の立ち回りについてですが、最初は武器なしのキャラなので使いにくいのかなと思ったんですけど、全然そんなことなかったですね。

まず通常攻撃が全てタメれるってとこがすごい面白いです。

例えば通常攻撃でアッパーのモーションがあるんですけど、タメなしだと一発なんですがタメると多段ヒットになるのがいいですね。


あと何よりすごいのは「耐心磐石」の反則的な強さです。

頭突き攻撃なんですが、はっきり言ってこれだけで究極もラクラククリアできます。

これもタメるとガード無視の強力な一撃が出せますし、その後□連打で連続頭突きができます。

しかも、これは最近気が付いたんですが□連打のときにR2押しっぱなしにすると全段タメ頭突きになります!

これは反則過ぎでしょ。

なので家康の装具は亀を2~3個、愚か者の法、あとは獅子とかつけてやってます。

孫市のチャージショットガンもたいがいだと思ってましたけど、家康も反則技持ってたんですね(笑)。




他のキャラもちまちま進めてるので、それはまた次回にでも。

スポンサーサイト

戦国BASARA3プレイ日記。(進行状況・その5)

2010年09月28日 08:37


※ネタバレ&一部批判含みます、嫌な方はご注意下さい。












まずあれから三成、大谷の絵巻やりました。


三成の赤ルート最後、うわぁ…って感じです。

家康殺して生きる意味を失って、血の涙流しながらフラフラと歩く三成が痛々しいです。

あの後、そこらへんの兵士に呆気なくやられてしまいそうな感じさえする終わり方でした。


でも、絵巻進めていくにつれて三成が人気なのがわかったような気がします。

アニキも言ってたけど、ただ悪い奴ってわけじゃないんですよね三成って。

ひたすら真っ直ぐで自分の感情に嘘がつけない不器用人間ですよ。

もう佐竹塾の門叩きなさいよ。


叩くといえば…

金吾さんステージで、三成が金吾さんの背中の鍋を刀でカーンカーンって叩いてるムービーがウケました(笑)。

三成は真剣に?やってる行為だと思うんですけど、ギャグにしか見えません。

三成歪みねぇよ。




そして青ルートの途中で、やっと最後のステージが出ました!

官兵衛が大阪城のっとるステージだったんですけど、このステージかなり好きです。

とにかく官兵衛がアホすぎて可愛い!

官兵衛って、それなりに頭はいいけどアホってとこがたまらなく好感持てます。


三成が官兵衛に「官兵衛…貴様はいつ馬鹿を通り越した?」とか「こいつの馬鹿を形容する言葉が見つからない…」とか言ってたんですが、この三成独特の言い方が好きです。

どんだけ馬鹿なんだっていうね(笑)。


あと、ここのステージ音がちょーーかっこいいです!

曲の出だしからまず良い!

デッデッデッ!デッデッデッ!デッデッデデッデッデデッデッデッ!ってとこが滾る!

…「デ」ばっかり打ってたらゲシュタルト崩壊してきた(笑)。

「大阪・冬の陣」の曲もかっこよくて好きなんですが、この奪還戦の曲は少し官兵衛のテーマの雰囲気も取り入れてるのかな?って感じました。


最近、官兵衛が好きすぎて好きすぎてしょうがない自分がいます。

私、色んな意味でちょっとかわいそうな人が好きなのかもしれません(笑)。(佐助含む)




音楽といえば…

あれからお市の赤ルート2回くらいやったんですけど、ラスト観るたびにもー泣けてしょうがないです。

お市と家康のやりとりもそうだし、何よりバックでかかってるピアノがやばい。

これってお市のキャラソンのピアノアレンジですよね?

すっげー好きです、この曲。てかこのアレンジ最高でしょ誰が編曲したの。

もしサントラ出てこのアレンジ収録されるならこれのためだけに買っても良いです。



BASARA3で好きな曲の個人的ベスト3

【キャラテーマ曲編】

1・「猿飛佐助のテーマ」

2・「風魔小太郎のテーマ」

3・「右目の決意」


【ステージ曲、その他編】

1・「大阪城奪還戦」

2・「お市キャラソンのピアノアレンジ」

3・「大阪・冬の陣」



なんかいきなり自己満メモですいません。

とりあえず各項目の一位はぶっちぎりで好きです。


別に佐助が好きだからって訳じゃなくて、これが例え誰のテーマ曲であっても好きです。

NPCなのにこんなカッコイイ曲貰っちゃって、佐助は幸せ者だよ(笑)。

でもここに、「竹中半兵衛のテーマ」と「蒼紅共闘」が入ってきたらランキング入れ替わりますね。


BASARAの音楽って、色んな楽器が入り乱れてるとこが好きです。

笛とか太鼓の音が入ってるのがBASARAっぽいですよね。

個人的にはもっと三味線とかも使ってほしいですね。激しいかんじで。




こんな話したあとに大谷なんですが…

最強に使いづらいです。

私はすごい苦手でした…難易度普通でも、油断してると死にそうになります(笑)。


だってなんか扱いにくいよこの人!

馬にも乗れないし!


まぁそのかわり高速移動技ありますけどね、官兵衛ゴロゴロみたいな。

いやあれより断然早いですね。

でも私は「沼るな~…」を連発するチキンプレイばっかりしてました(笑)。


大谷よりか官兵衛のがよっぽど扱いやすいです、私は。

大谷で究極クリアできる気がしないです…。

ただ、衣装・弐だけは良かったです、邪神っぽくて。



てか、いまだに毛利さん出てこないんですけど一体いつ使えるようになるんでしょうか(笑)。

アニキクリアしたら出てくると思ってたよ!出てこなかったよ!




次は家康やります。

戦国BASARA3プレイ日記。(長曾我部元親編)

2010年09月22日 08:23

※ネタバレ&一部批判含みます、嫌な方はご注意下さい。









今回は久々に一人にスポット当てて記事書きます。

アニキのストーリーがほんと色々あったもので。

と言っても、いつものように余談満載です(笑)。



まず赤ルート、これ終わり方最悪です。

誤解が解けないまま最後家康倒してしまいます。

アニキもっとちゃんと話きけよ!って何度思ったことか。


人って、一度思い込んじゃうと余程のことが無い限りそれが正しいって思ってしまうものですよね、私も昔はそうでした。

ここ数年でやっと、まず相手の話を全部聞いてから発言するってことを覚えました(笑)。


でも、家康もこのルートではちゃんと弁解しないんですよねこのことに対して。

お前の憎しみの矛先がワシならそれを受け止める!みたいな事言って。

いやいやそこはちゃんと説明しろよって突っ込みたくなりました(笑)



そんな赤ルートで唯一和んだのが、三成のとこに同盟申し込みに行ったときのアニキとのやりとり。

うろおぼえですがだいたいこんな感じ↓


三成「私を絶対に裏切るな!」

アニキ「ああ」

三成「絶対だな!?」

アニキ「絶対だ」


この三成の「絶対だな!?」の言い方が小学生っぽくて盛大に吹きました。

孫市とのやりとりでも感じていたんですが、こういう話になるとちょっと子供っぽくなる三成可愛いです。





続いて青ルートやりました。こっちでは孫市のおかげで少し冷静になったアニキが情報を集めだします。

最初に孫市のとこに行った時、孫市に頭ポカッて叩かれるアニキがなんか良かったです(笑)。

この二人は普通に仲良いですよね。友達同士のくだけた雰囲気が、他の人にはない感じがします。

あとこっちのルートでは家康がちゃんとワシじゃないって弁解してます。


ただ、青ルートの終わり方も私にとっては苦痛以外の何者でもありませんでした…。

だって官兵衛倒して終わりなんですもん(泣)。


確かに直接手を下したのは官兵衛なんですけど、大谷毛利に脅されて(嵌められて?)仕方なくやったことだし、現にそのことを官兵衛はとても悔やんでいる様子でした。

でも言い訳はせずアニキと戦うことで罪を償おうとする超かっこいい官兵衛がこのルートでは見られます。


だからこそ官兵衛倒すのが嫌すぎて、最後は泣きながらプレイしてました。

とどめを刺したくなくて、四縛で閉じ込めて放置を意味もなく繰り返してました。

私完全に病気かもしれない(笑)。


あ、余談ですがアニキは四縛で閉じ込めてフルボッコでたいていのボス簡単に倒せるから便利ですよね。

ただ、大谷と忠勝は閉じ込められない仕様っぽいです。

忠勝はともかくなんで大谷まで閉じ込められないんだろう?刑部め~!


最終的に家康との誤解は解けて友情は元に戻りましたけど…結局官兵衛は報われない(泣)

これもすごく後味悪いルートでした…。





ただ、この後の緑ルートではちゃんと倒すべき相手(大谷、毛利)を倒してます。

しかも、この回では三成のことちょっと見直しました。


三成が大谷の裏切りに気づいてそのことを悔やみ、アニキに自分の刀渡して「私を好きにしろ」っていうんですが…

この時思ったのが、ここで死んだら三成は家康を自分の手で始末できないんだから後悔しないのかなって事です。

うーんどうなんだろう、やっぱり裏切りを最も嫌う自分自身が裏切りを行っていたって事のほうがショックなのかな?


また話は反れますが…

幸村と三成が似ているっていうのを大谷とかが言ってましたけど、ある一定方向に対し純粋で、真っ直ぐすぎて周りが見えてない所とか確かに似ていますね。

もし幸村がお館様を誰かに殺されたら、幸村も「貴様…殺してやるぞぉぉぉぉ!!」みたいになるのかな?

あ、その前に幸村の場合は佐助がそういう暴走は止めてくれそうですね。

三成のかつての人間関係ってたぶん秀吉様95%その他5%くらいだけど、幸村はそれに比べたら色んな人と交流ありますよね、それなりには。筆頭っていうライバルもいるし。

三成には、暴走を止めてくれる人はいなさそう…大谷は逆にそれを利用している感じもちょっとしますし。


話戻しますが、あとここでは一瞬ですがアニキが刀を扱う描写が見られたのがなんか新鮮で良かったです。

普段刀扱わないはずなのに、あの寸止めはすごいよアニキ!(笑)



何はともあれ、やっとこのルートでスッキリ解決って感じで終わったので安心しました。

しかも安心したらまた泣きました(笑)。

アニキの絵巻は3つともストーリーがあったのでやってて楽しかったです、終わり方は別として。

ちなみに今までやってきた中で個人的に好きなルートは幸村青、官兵衛青と緑、小太郎青、お市赤、慶次青とピンク、そしてアニキ緑かな。





次は三成、そして家康をやろうと思います。

今回ので三成にも興味沸いたし、そろそろ主役たち使ってあげないとね(笑)。



あっ!あと前回の記事にもいくつか拍手いただきました、ありがとうございます!

どう考えても官兵衛好きさんですよね?これは。

そう勝手にいいほうに解釈してしまいますよ?(笑)

戦国BASARA3プレイ日記。(進行状況・その4)

2010年09月17日 08:13


相変わらず毎日チマチマとBASARA3やり進めてます。

今回は官兵衛をストレスなく操作できる方法を発見したので書いておきます。



皆様思っていることかと思いますが、私は官兵衛大好きです。

あのけしからん二の腕を…って今回はそうじゃなくて、官兵衛ってめっちゃ足遅いですよね?

それを解消して尚余りある手段を発見しました!

それは「災い転じて」で移動する、です。

てかもうこれは官兵衛での常套手段なのかもしれませんが私は最近やっと発見したんです(笑)。


「災い転じて」は、鉄球と共にゴロゴロ転がる固有奥義ですが、このゴロゴロが結構なスピードが出るので移動の際は常にこれを使うといいです。

方向転換はボタンでできますし、さらにボタンを押すと超加速できます。

けど、超加速のときに障害物にぶつかるとそこでしばらく固まってしまいタイムロスになるので、マップを見ながら大きく開けていたり直線っぽい道のときには、そして加速が終わるころすぐを押すとぶつかりにくいです。

ぶつかったときの格好がギャグっぽくてカワイイですけどね(笑)。

もちろん回転には攻撃判定がありますから、うまく敵に当たりながら進むと武将も倒せて一石二鳥です。


この方法でやっていると、他の足の速いキャラと何ら変わりなく、むしろ慣れてくるとそれより早いくらいの速度でステージ攻略することができます。

しかも!アニキの所などにいるカラクリ兵器はまず出会ったらすぐで加速してカラクリに突進、スティックで方向調整しながら連打、カラクリの動きを見ながらまた…とタイミングよく続けているだけで簡単に倒すことができて超便利です!


こんな感じですごい攻略法見つけたと一人でウハウハしながら、無事官兵衛おたずねものコンプできました。

ちなみに今現在おたずねものコンプしているのは官兵衛、小太郎、幸村、孫市、お市、筆頭です。

ただ、まだあと1ステージ出てないのでそれ以外で、です。



今まで官兵衛を敬遠していた方も、「災い転じて」を使いこなせるようになると一気に楽しいキャラになると思いますので是非お試しあれ。

戦国BASARA3プレイ日記。(進行状況・その3)

2010年09月11日 20:32


※ネタバレ&一部批判含みます、嫌な方はご注意下さい。









あれからお市の3つめのルートをやりました。

お市を呼ぶ声を求め進んでいく、みたいな感じでした。


途中で官兵衛のところ行ったんですけど、官兵衛とお市が仲良さげでなんかほっこりしました。

官兵衛のこと「お星様」って呼んでるのが可愛かったです。

お星様ってなりじゃないよね、官兵衛(笑)。


最後は本能寺ステージで、久々に信長を見たんですが…

今回はついにペルソナを装備してます。

なんでもありだな、この人は(笑)。


このステージ、他と比べて敵が強い気がします。

特に陣大将が固いです。


しかも、多分なんですけど陣を取った数によって信長が復活する回数が変わります。

陣は時間経過で消えてしまうので、急がないと取れないところがすごく大変です。


そして当然のごとく、信長めちゃ強いです。

普通状態の信長はそうでもないんですが、ペルソナ発動させた信長が鬼強いです。



このルートをクリアした後、全員に本能寺ルートが出たので小太郎で早速やってみました。

小太郎は足速いんですが、それでもうまく回らないと全部取れません。

どうしてもあと少しってとこで最後の陣が消えてしまう…悔しい!

絶対全部の陣取れるようになるまでがんばります。



それにしても、「金ヶ崎の退き口」でお市倒した後が本当に切ない。

やっと記憶を取り戻した直後に天海にバッサリやられてしまいます。

BASARA3でお市が「長政さま」って言葉を発するのはあそこだけじゃないかな?多分。


小太郎で本能寺ルートクリアしたら、信長が使えるようになりました。

動かすの楽しみ!




あと慶次の4つめのルート(ピンク色)もやりました。

どうやら私は「慶次の絵巻で涙腺崩壊病」らしく、また泣いてしまいました。

ちょっと私おかしい。

なんだろう…慶次が乗り移った気がします(笑)。


これで慶次も本能寺ルート以外は全部終わったのかな?






■追記■

以前の官兵衛の記事に拍手下さった方ありがとうございます!

しかも3つも…嬉しいです!

あと、アクセス解析を見ていたら過去の記事をまとめて読んで下さってる方もいまして、嬉しかったです。

ちまちま更新ですが、これからも続けていきますのでよろしくお願いします!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。